夢の!絶頂管理ポイントカード

ぽみみ子先生の新作♪

『夢の!絶頂管理ポイントカード』

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

読んだ内容を痴女目線でまとめていくわね♡

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

前回のあらすじ

ポイントが貯まるとJKに中出しできる絶頂管理ポイントカード。

現在2ポイントまで貯まった。

今回は口コキにパイコキにスマタで、ポイント貯まる前にこっちの溜まったのが出ちゃいそうだよ!

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

第3話 JKの手コキとセックスでいっぱい出して♪

「おーい…おにーさん」

どうやらのびていた様子の男。我慢しすぎて気を失っていたみたいだ。少し心配している様子のJKだったが…

 

「まぁともかく…じゃ~ん!おめでとう☆おにーさんのスタンプカードが見事に埋まりましたー!」

「これでおにーさん…念願のJKと中○しセックスできるね♪はいこっちおいで童貞おにーさん♥」



よくがんばったねなかなかやるじゃん!と褒められる男。今回は何でもありといった雰囲気で、JKはすぐに男のチ○ポを握ってくれた。

男のチ○ポはちょっとでも触ったら吹き出しそうなレベルのパンパン具合。それを察したJKが…

「おにーさんのおち○ちん…苦しそうで見てらんないから、おま○こに入れる前に軽く精○出しとこっか♪」

もう我慢する必要ないんだよーと促されながら、するするとJKが手コキをしてくれる。

 

「いっぱいためてたくっさい精○…ビューって射精しちゃお♥シコシコおちんちんがんばったねー」

すぐに大量の精○をあたりに撒き散らしてしまった。まきちらしたものはJKの巨乳にもかかってしまった。



「すごいめっちゃ飛んでる〜ドンダケ貯めてたの?全然萎えないね♥」

「おちんちんまだ苦しいって…ほらもうちょっと射精しとこ♥」

するとまた大量の精○が吹き出してきた。長いオナ禁でたまった精○は相当量のようだ。

「またこんな精○吹き出してる…お○さん射精とまんないね」

いっぱいたまっていたのでめちゃくちゃ気持ちいい男。そしてついに…



「はーいお待ちかね〜おにーさんが夢にまで見たJKおま○こだよ♥」

「ほらおち○ちんがおま○こに入っていくよ…おま○こ気持ちいい…あはは♥」

JKに上にのられて、騎乗位で挿入される男。JKのマ○コはとても気持ち良さそうだ。

 

「入れただけで射精しちゃって…おにーさん体じゅう痙攣させちゃって…そんな気持ちいいんだ…クスクス♥」

溜まっていた精○はそこ知らずで、JKに挿れただけでまたイッてしまった。

 

「入れただけでそんな気持ちよくなっちゃうなんて…腰動かしたらおにーさんどうなっちゃうのかなー」

「ほーら…んっ…んっ♥」



JKに腰を動かされるたびに、膣内に射○がとまらない!

「そんなに出されたら孕んじゃうでしょ〜うふん♥」

「気持ちよすぎておかしくなっちゃいそう?」

まだ挿れたばかりなのにすでに大量の精○をJKマ○コに中出ししている。まだまだ止めどもなく出てきそうだ。

 

「おにーさんの頭が快楽で壊れちゃうまで…このおまんこでたっぷり絞りとってあげるから覚悟してね♥」

その後もJKに大量に中○しする男なのであった…



「うふふ…どうだった?きもちよかった?」

「信じらんない位の量、射○しっぱなしだったもんねー聞くまでもないか♥」

「おにーさんならリピーター歓迎だから…またいつでもスタンプカードよろしくね〜」

「またね♥」

商品の説明通り、ポイントが貯まると中○しできる絶頂管理ポイントカードは本当だった。

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

夢の!絶頂管理ポイントカード 第3話 感想

絶頂管理ポイントカード、実際にあったらかなり興奮んものよね!

数々の試練を耐え抜いた先に…

たまりにためたあとのご褒美がたまらないわ♪

⇒『夢の!絶頂管理ポイントカード』はこちらで読めます

 

おすすめの記事