妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

水無月三日先生の新作♪

 

『妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由』

 

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

読んだ内容を痴女目線でまとめていくわね♡

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

前回のあらすじ

叔母さんに欲情したヒロは、一瞬のスキをついて叔母さんに挿入♪

 

そういう店じゃないのよっという叔母さんに、

叔父さんにバラすよと脅してホテルに連れ込むのだった…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

⇒第2話のまとめはこちら♡

第3話 一晩中ヤりまくり

おじさんがおかしくなるのも無理ないな

叔母さんのカラダを肉便器にしながら、

おじさんのことをちょっとだけ気の毒に思うヒロ(笑)

(寝取っておいて気の毒とかww)

 

叔母さんとして見ていたのでヒロは全く気がつかなかったが、

叔母さんのカラダは豊満で相当にエロい

 

叔父さんが嫉妬するわけだ…

そしてきっとヤりまくっているだろうことを想像すると…

なおさら叔母さんを犯したおしたくなるヒロだった(笑)

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

叔母さんのスマホに叔父から電話がかかってきた☆

 

出ないの?

自分のことではないので冷静なヒロww

 

出れるわけないでしょッ

とけっこう焦っているようすの叔母さん(笑)

 

出ようよ

ヒロは勝手に画面をスワイプして通話を始めてしまう…ww

 

ちょっと何してるのっ…

叔母さんは怒るがもう出てしまったので話すしかない。

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

遅いじゃないか!今どこだ?

電話の向こうで心配そうな叔父さん☆

 

友達とご飯食べてるのッ

喘ぎ声を必死でこらえながら、嘘をつく叔母さんwww

 

今日はなんの日か忘れてないよな…?

叔父さんは必死の形相で叔母さんの気持ちを確認しようとする!

 

忘れるわけないでしょ

一生懸命会話に集中しようとする叔母さん。

 

じゃあ言いなさい

声を荒げて食い下がる叔父さん(笑)

 

ヒロはその間も叔母さんのカラダを舐めまくりピストンしまくりで、

叔母さんの名器に中出ししてしまった♡♥

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

叔母さんは叔父に返事せず黙って、最後はヒロが電話を切ってしまった!

 

すみれ…すみれっ…すみ…

れ。

電話が切れてしまい驚愕する叔父さんw

 

ごめん…叔母さん…もっかいヤラせて

ヒロは朝まで8回も叔母さんを犯した☆

 

翌朝、ヒロのスマホに叔父さんから電話がかかってきた。

ヒロは叔母さんのあとをつけたが、女性と会っていただけと報告した(嘘w)

 

嘘をつけ、朝になっても帰ってこないんだぞっ

叔父さんは電話口で泣いているww

 

僕に言われましても…

ヒロはちょっとうざそうに叔父さんに反応する。

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

叔父さんと会話している間じゅう…

叔母さんはヒロのチ○ポをディープスロート♥♡

 

心当たりはないか?と叔父さん。

ご友人と朝まで盛り上がっちゃったんじゃないですか?とヒロ。

 

宏樹君…昨日は結婚記念日だったんだ…どうして帰って来ないんだ

電話口でおいおい泣きながら嘆く叔父さんww

 

叔父さんが悪いんだよ

ヒロは思わずそう言って電話を切ってしまった…♪

 

続きは無料の試し読みでみてね♡

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由 第3話 まとめ

ついにホテルでハメまくりの叔母さんとヒロ☆

 

 

叔母さんのスマホに叔父さんから電話がかかってきて、

通話しているあいだじゅう中出しセックスするところと、

 

ヒロのスマホに叔父さんから電話がかかってきて、

通話しているあいだじゅうフェラさせているところが、

めっちゃヌケルポイントだったわ♪

 

次回も楽しみね☆

 

続きは無料の試し読みでみてね♡

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

⇒第4話のまとめはこちら♡

おすすめの記事