尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

羽倉ぎんま先生の新作

 

『尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)』

 

第4話も早速読んだのでまとめていくわ♪

 

前回は高木が職場まで瑤子(ようこ)に会いにきちゃって、

物陰で手コキさせられる展開だったけど、

今回はどんな風に瑤子が堕ちていくのか楽しみね!w

 

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

読んだ内容を痴女目線でまとめていくわね♡

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

第3話のあらすじ

高木の求めに仕方なくチ○コをしゃぶってあげることにした瑤子(ようこ)

 

してもらうだけじゃわるいっスからと高木は言いながら、

なぜか瑤子のクリを舐めながらア○ルに指を突っ込んできて

69(シックスナイン状態w)に!

 

それから数十分間、そのプレイは続いて…

 

⇒第3話のまとめはこちら♪

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

第4話 その日の行為が再び堕ちる入り口だった

「えっ?最後っスか」

 

もうこれきりで最後にして欲しいと切り出す瑤子(ようこ)

残念そうに驚く高木だったが、お隣さんを困らせてもいけないと承諾してくれた。

 

しかし、最後ならもう少しいいスよね?と、高木はやっぱりちょっと図々しくなって…

彼が用意していたアナルパールを尻穴に挿入される!!w

 

そして少しずつ気持ちよくなっちゃって…

奥さん、しちゃっていいスよ

 

でっ、でもぉ…っ

じょぼっじょぼじょぼぼぼっ

 

気持ちよすぎておし○こ漏らしちゃったッ(笑)

お尻だけならただの変態行為っしょ?

と自分のしたいことを正当化する高木。

 

そして瑤子は、高木の押しと、自分自身の欲求に負けてしまって…

 

続きは本編を読んでみてね♡↓

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳) 第4話 まとめ

うわー!ついに行くところまでいっちゃったわね!w

ここからきっと高木に粘着されちゃうわよ(笑)

 

「ホントにこれが最後っスから」

「あと一回だけ、おねがいっス」

とか言ってきそう(笑)

 

それでそれで、だんだんと瑤子の方から

求めることになっちゃって…みたいな展開になりそうね(笑)

 

個人的には高木の図々しさがツボだったわw

私も粘着されてみたーい!(失礼しました)

尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

あとはさすが尻がフィーチャーされているだけあって、

瑤子のボディライン、特にお尻の描き方がエロいわよね!

 

スレンダー好き、グラマラス好きとか色々と女性の好みはあると思うけど、

こんなお尻に挿れてやりたいと思う男性は多いんじゃないかしら?

 

このお尻がきっかけで堕ちていく!というのはなかなか新しいと思うわ♡

⇒『尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻』はこちらで読めます尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)

おすすめ