あまい惑星の新作

 

 

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~』

 

 

前回は楓が須郷の巨ンに犯され、

 

夜の管理人室で屈辱的な強制フ○ラ&ザー○ンゴックン・・

 

 

楓への更なる恥辱プレイに期待大よね☆

 

 

今回もきっと男子にとってヌキどころ満載の内容よ♪

 

 

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

 

3話を女性痴女目線で、読んだ内容をまとめていくわね!

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ

 

 

第2話のあらすじ・・・

真っ赤なパンティー越しに須郷の巨ンを押し付けられる楓。

 

 

必死の抵抗も虚しく、楓はイプされ、

 

須郷の猛ピストンに恥ずかしい声で叫びながら何度もイッてしまう・・・

 

 

その後、夜の管理人室に呼び出される楓。

 

 

須郷に無理やり強制ェラをさせられていると、そこに・・

 

妻を見ませんでしたか?と、旦那の柊希が訪ねてくる!

 

 

適当にごまかしながら、机の下で楓の口に大量のーメンを注ぎ込む須郷。

 

 

屈辱にまみれながらも、柊希に気づかれないように、

 

 

声を潜め須郷のーメンを飲み干すしかない楓なのであった・・・

 

 

第2話のまとめはこちら♪

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ

 

 

第3話 壁一枚挟んだ夫のそばで奥さんを喘がせて

ー数日後ー

 

 

この数日間、楓を犯しつづける須郷であったが、

 

なかなか自分に屈服しない楓に苛立っていた。

 

 

そこで今までのプレイに更なる編集を加え、

 

楓が不利になるような強化動画を作成。

 

 

楓を屈服させようと躍起になる須郷は、

 

隣室の306号室に楓を呼び出すのであった・・・

 

 

「パンパンパン」

 

「パンパンパン」

 

「パンパンパン」

 

 

そんな奥を築き上げないでと頼む楓。

 

 

薄い壁越しには柊希がスマホを見ながらくつろいでいる。

 

 

柊希に声が聞こえてしまうことを気にする楓。

 

 

須郷の激しいピストンに楓は声を抑えられない様子。

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ

 

 

耐えきれずに大声を上げてしまう楓、様子に気づいた柊希は・・・

隣室の物音に気づき始める柊希。

 

しかし鈍感な柊希は、楓が相手だということに気づかない。

 

 

耐えきれなくなってナニーを始める柊希。

 

頼むから中に出すのはやめてほしいと懇願する楓。

 

 

ポ気持ちいいと言えばやめてやると提案する須郷。

 

 

「チポ気持ちいい」

「チポ気持ちいい」

 

「チポぎもぢいぃいいいいいいっ!!」

 

 

しかし約束は果たされることなく、須郷にザー○ンを注ぎ込まれてしまう。

 

 

皮肉なことに同じタイミングで、柊希もセルフプレイをフィニッシュ。

 

また聞けたらいいなぁと、呑気なことを呟く柊希であった。

 

 

激しいプレイから解放され、膝から崩れ落ちる楓。

 

何も知らない夫を少し恨めしく思うとともに、

 

夫以外のニスにイキ狂ったことに火を感じる余裕もない楓なのであった・・・

 

 

次回はついに夫と寝ている寝室で・・・

 

 

続きは無料お試しで見てよね☆

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ

 

 

305号室のオンナ 第3話 まとめ

今回もヌキどころ満載だったわね!

 

 

壁越しに寝取られながら、鈍感な夫は別の想像力を働かせてオってしまうなんて

 

(や、やめりょぉーー、もょっと♡ちゃ♡ちゃにしてくりぇええ~ ハアハアд`.;

 

大変失礼いたしました。

 

今回も感情移入し過ぎて、ワタシの心の声が漏れだしてしまいました m(_ _)m

 

 

皮肉すぎるシュチュエーション萌えだったわっ♡

 

 

次回!ついに夫と寝ている寝室に侵入されて・・

 

 

気になる本編は無料お試しからチェックしてね♪

 

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽

305号室のオンナ

おすすめの記事