カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。

友吉 × 友毒屋のタッグを組んだ新作♪

 

『カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。』



異世界モノど~ん(笑)

新作配信されて早速読んで見たわ。

 

どっちかって言うと、異世界転生とかあんまり守備範囲じゃないんだけど、

『カリスマAV男優』という言葉に惹かれちゃって即読みしたわ!w

 

もちろん、異世界がお好きな人には絶対にツボにハマる作品ね☆



ちなみにこの作品は絶対に買いよ!

なんていうか、主人公カトケンのやさしさにあふれるエロ!とでも言うのかしら?

意味は本編を読めばわかるわ(笑)

 

ヌケルしなかなかいい作品よ♪

 

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

読んだ内容を痴女目線でまとめていくわね♡

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

第1話 「カトケン、異世界に転生し、オークになる」



スタッフみんなにお祝いされている男性。

 

男性の名前は加藤健。

40年間続けてきたAV男優を引退するようだ。

 

「本当にやめちゃうんですねAV男優…」

泣きながら悔やむスタッフ。

 

「今年で60だよ。歳には勝てねえさ」

という加藤。

 

「一万人イカせたんだ悔いはないさ」

そう言ってさっそうと撮影現場を後にする。

 

「カトケンさ〜ん!」

みんなに見送られるのであった…



正直辞めた後のことなんて検討もつかないが、

午後の撮影で正真正銘の引退か…っ

 

しみじみ感じるカトケンであった。

 

パッパーーキキーーーッ

 

「危ない!」

 

トラックに引かれそうな少女を助けようと、

飛び出すカトケン!

 

しかもそのトラックは撮影用のマジックミラー号!笑

カトケンはマジックミラー号にひかれてしまうのだった。

 

「やべえ…死ぬなこれ…女のコはぶじか?」

「セックスの快楽知る前に死ぬなんてつらすぎるからな…」

(めっちゃかっこいいわね、カトケン…♡)



友吉 × 友毒屋のタッグを組んだ新作♪

 

『カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。』

 

今回もワタシ、エロ本大好き西澄ノマが、

読んだ内容を痴女目線でまとめていくわね♡

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

第1話のあらすじ



現役40年のカリスマAV男優のカトケンは自分の引退日に、

マジックミラー号にひかれそうになった少女を助けて事故にあう。

 

彼が目覚めると異世界に転生し、自信はオークの姿になっていた!

 

しかし場所はどうやら牢獄のようで、男性が女性に精子を搾取される断末魔の叫び声が。



そこに美女の看守長がやってきて、カトケンの精を搾取すると手コキを始めるが、

全く愛のない行為にしびれを切らしたカトケンは…

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

⇒第1話のまとめはこちら♡

第2話 「カトケン、看守長に喜びを与える」



「やればできるじゃないか…俺も少し本気だそう」

そう言うとカトケンは看守長のマ○コをベロベロクンニし始めたw

 

びくッ

 

はげしく感じている看守長(笑)

 

「なぜだ…精子を搾取するためだけのモノのはずなのに…」

「いつもとは全く違うっモノに見える…」

 

だんだんと看守長はよゆうがなくなってきて…



「ダメだ!くる…またさっきの…キチャう…飛んじゃう…」

 

ピタッ

 

!?

 

「な…なぜやめる?」

突然の焦らしに困惑する看守長(笑)

 

「そんなにイキたいかい?」

じらすのがうますぎカトケンw



くぱぁっ〜♡

 

「そのチ○ポをココに挿れたらもっと気持ちよくイケるよ?」

性を知らない看守長に優しく教えてあげるカトケン♪

 

「これを挿れたら…もっと気持ち良く…!?」

 

そんなこと考えたこともないのか、唖然としてる看守長ww

 

「ココはパクパクしてイキたがっているよ?」

「チ○ポ挿れてっておねだりしてごらん」

 

誘導が絶妙にウマいカトケン☆



「お…オス豚奴隷にお願いなど…できるわけ…」

 

カアアアッ…

 

「おねがい…チ○ポ…挿れて…!」

 

遂に性欲に屈してしまった看守長♡

 

 

 

「よくできました」

 

カトケンは後ろから優しく…



ズプププッ…

 

「…ッ!?」

 

プシャァアアアアアアア!!!

 

初めてなのに挿入された瞬間、潮を吹いてしまう看守長ww



「なにこれ気持ちよすぎるぅ…オークのチ○ポが私の中にぃ…!!」

 

「おねがい…も…もっとぉ…」

 

「いいだろう一番気持ちいいところを突きまくってあげるよ」

 

じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷじゅぷじゅぷ

 

「腰の感覚なくなっちゃう…!」

 

「ほら出る出るまだでる!」

 

じょばじょばじょばじょばじょばじょば

 

もう説明の必要がないほど、看守長イキまくりw感じまくり〜ww



「ラストスパートだ!このまま一気に出すぞ!」

 

「出す…!?精子を中に出されるの…!?」

 

きっと今まで一度も想像したことすらない看守長www

 

「いいよ!だして!中に思いっきり出してぇ!!!」

(意味わかってないでしょwww)



「いくいくすごいのきちゃう…!」

 

ぷしゃぁああああああ!!!!

 

大量の潮吹きをしながらイキ狂う看守長(笑)

カトケンは往年のクセでつい顔射してしまうっ!ww



ーその後ー

 

オークを牢屋から連れ出す看守長。

 

「看守長どこへ?」

看守長の部下のひとりがたずねる。

 

「女王様のもとへお連れする」

 

部下に怪しまれる看守長だったが、

そんなことにかまっていられない(笑)



「またさっきの…してくれるんだよな…?」

 

「ああ君が望むならいくらでも」

 

あぁ…ぞくっぞくっ

 

想像するだけでイッてしまいそうな表情の看守長。



オークになったカトケンは考える…

 

俺はこの異世界を救うために転生したんだ…

俺の使命は女性に性の喜びを伝えること…

次に俺がすることは…!

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。 第2話 まとめ



性の伝道師『オーク・カトケン』爆誕!!!笑

 

勝手に名づけちゃったわw



カトケンのカリスマAV男優仕込みの超絶テクが、

完全に看守長に性の喜びを植え付けちゃたわね♡

 

私も仕込まれたいわ〜♥

⇒『カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。』はこちらで読めます

「ハッ」

目覚めるカトケン。

 

「てゆうかなんだ?この色」

自分のカラダの色が全身緑色なことに驚くカトケンw

 

…もしかして異世界転生ってやつか!!

そう考えていると…

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

「さあ!搾取の時間だ!オス豚奴隷ども!!」

響く女性の声。

 

「もういやだ…でねえよ!!」

響く男性たちの断末魔の声w

 

「ここでは男が女性たちの奴隷にされている?」

状況の飲み込みが早いカトケンw

 

そこに…ひとりの美女看守長がカトケンオークにちかづく。

 

「若いオークじゃないか。貴様は私が直々に精子を搾取してやろう」

 

美女看守長からご指名いただきました!w
「…まずいな…勃起してきた…カラダが彼女を抱きたがっている…!?」

 

ビンッ

 

飛び出すオークの巨根(笑)

 

「なるほど…くさってもオークということか…」

「だが暴力を封じられた世界では、貴様らオス豚など子孫を残すための精子製造機でしかない!!」

強気の姿勢の看守長☆

(てか、精子製造機って…ネーミングセンス抜群かっ♪)

 

「せいぜい搾取されてイキ死ね!」

そう言うと美女はものすごい勢いでカトケンのチ○コをしごき始め…



シュッシュッシュッシュッシュッ

 

シュッシュッシュッシュッシュッ…

 

だめだ、全く愛がない…

 

性の喜びを知らないのか?だとしたらなんて悲しい世界だ…

 

憂うカトケンw

 

「まずはキミに性の喜びを教えてあげよう」

そう言うとカトケンは美女を抱き寄せて…胸を!

 

やさし〜く…

 

さわさわ♡

 

ビクッ



「なんだ…?この感覚は…?か、体の力が…抜けていく…?」

 

くちゅくちゅくちゅ♡

 

カトケンはいつの間にか美女を手マンしている!

(なんてスムーズなハヤワザ♪)

 

「あ…来る…!何かが来る…!」

 

ぷしゃああああああ!!!

 

美女はあっという間に潮吹きをしてしまった!!

(超絶テクね♪)

 

そのままカトケンの自然なリードで美女を…

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽

カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。 第1話 まとめ



異世界転生来たわね!

 

てかカトケン先生の超絶テクは異世界でも通用して、

美女の看守長をあっという間にイカせちゃってたわね(笑)

 

次回はどんな展開になるのかしら、

カトケンの活躍に期待だわ♡

⇒『カリスマAV男優が絶倫オークに異世界転生した話。』はこちらで読めます

おすすめの記事